Plutonium, Strontium 89, Strontium 90 found off site at Fukushima.

Profound thanks to Mochizuki Cheshire Iori at https://www.facebook.com/#!/groups/Fukushimamiyagiiwate/ for the following information, which appears not to have been reported by corporate media in the English speaking world as yet. The data is cause for grave concern. The data reveals levels of significant biologically active radionuclides (Sr89, Sr90) and plutonium which rivals levels found at nuclear test sites prior to cleanup at Maralinga. In my opinion. Meanwhile, the evacation zone has been contracted, and people have been moved back in. Archie Barton would be appalled. In years to come the responsible authorities and “experts” will stand condemned.

Japan Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology.
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111001k0000m040094000c.html
http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY201109300553.html

(http://www.scribd.com/doc/66941026/5600-0930)

平成23年9月30日
文部科学省による、プルトニウム、ストロンチウムの核種分析の結果について
本年6月6日から実施してきました、平成23 年度科学技術戦略推進費「放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」『放射性物質の分布状況等に関する調査研究』について、プルトニウム238、239+240、及びストロンチウム89、90の核種分析の結果がまとまったので、お知らせします。
1.本調査の実施目的
文部科学省は、地表面に沈着した放射性物質による住民の健康への影響及び環境への影 響を将来にわたり継続的に確認するため、梅雨が本格化し、土壌の表面状態が変化する前の時点において、東京電力(株)福島第一原子力発電所から概ね100km圏内の約2,200箇所で、空間線量率を測定するとともに、各箇所5地点程度で表層5cmの土壌を採取し、放射性セシウムやヨウ素131などのガンマ線核種について、核種分析を実施した。(空間線量率の測定結果は8月2日、12日に公表済み、放射性セシウムの土壌濃度マップについては8月30日公表済み、ヨウ素の土壌濃度マップについては、9月21日に公表済み)他方で、福島第一原子力発電所から放出された、ガンマ線放出核種以外のアルファ線放出核種やベータ線放出核種の沈着状況についても確認するため、約2,200箇所の土壌調査箇所のうち、100箇所(各箇所1地点)で代表的なアルファ線放出核種であるプルトニウムやベータ線放出核種であるストロンチウムについて核種分析を実施した。なお、プルトニウム238、239+240

、及びストロンチウム89、90の測定結果は、文部科学省内に設置した「放射線量等分布マップの作成等に係る検討会」(別紙1)において、測定結果の妥当性の検証を行い、結果をまとめた。※プルトニウム239とプルトニウム240は、それぞれの核種が放出するアルファ線のエネルギーがほぼ等しいため、アルファ線核種の通常の分析では区別して定量できない。このため両核種の合計量として定量している。
2.本調査の詳細
○土壌採取日:第1期6月6日∼6月14日、第2期6月27日∼7月8日○土壌採取者:国立大学法人大阪大学、国立大学法人筑波大学、国立大学法人東京大学、(独)日本原子力研究開発機構、電気事業連合会「現地支援チーム」ほか(詳細は、8月2日、12日公表済の放射線量等分布マップの作成に向けた調査の協力組織一覧参照)

○核種分析者:(財)日本分析センター○対象項目 :単位面積あたりの地表面へのプルトニウム238、239+240、及びストロンチウム89、90の沈着量【Bq/㎡】
3.本調査の結果
採取した土壌について、プルトニウム238、239+240、及びストロンチウム89、90の核種分析を実施した結果を地図上に表記した資料は別紙2−1∼2−2のとおりである。なお、前述の核種分析結果を地図上に表記する際、以下の条件をもとに作成した。○平成23 年度科学技術戦略推進費「放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」『放射性物質の分布状況等に関する調査研究』において、文部科学省が6月6日から7月8日までの間、ある程度の広さを持った撹乱のない土地を選んで採取した土壌の核種分析の結果をもとに作成した。○4月に実施した航空機モニタリングの結果において、東京電力(株)福島第一原子力発電所から80km圏内に、放射性物質の沈着量が多い箇所が集中していることが確認されたことから、本調査では、原則として、80㎞圏内は2kmメッシュに1箇所の地点で土壌試料を採取しており、これらの試料の中から、プルトニウム238、239+240、及びストロンチウム89、90の調査箇所を選定した。なお、プルトニウム238、239+240、及びストロンチウム89、90は、放射性セシウムやヨウ素131等のガンマ線を放出する放射性核種に比べて、分析前の試料調整等に時間を要することから、下記の要領で核種分析を実施する調査箇所を選定し、それぞれの箇所で採取された複数の土壌から1試料選択して、核種分析を実施した。①59箇所については、福島第一原子力発電所から80㎞圏内の各市町村(59市町村)あたり調査箇所を1箇所選定した。選定にあたっては、土壌を採取可能であった場所のうち、市町村ごとに、市町村内の空間線量率及び人口の積が大きな箇所を中心に選定した。②残り41箇所については、警戒区域等の市町村の中から選定した。選定にあたっては、福島第一原子力発電所を中心に、全方向において一様に選定した。○プルトニウム238、239+240の核種分析にあたっては、採取された土壌のうち、50グラムを放射化学分析し、シリコン半導体検出器を用いて、約20時間計測した。検出下限値は、プルトニウム238、239+240ともに、約0.5Bq/㎡である。○ストロンチウム89、90については、採取された土壌のうち、30グラムを放射化学分析し、低バックグラウンドベータ線測定装置を用いて、約60分計測した。検出下限値は、ストロンチウム89で約300Bq/㎡であり、ストロンチウム90は、約40Bq/㎡である。○今回の調査結果は、第1期土壌採取期間から第2期土壌採取期間までの日数があいていることから、ヨウ素131や放射性セシウムの土壌濃度マップと同様に、地図上に表記する際、第1期土壌採取の最終日である6月14日時点の放射能に半減期を考慮して補正した。
4.考察4.1 全体的な考察
○今回採取した土壌は、ある程度の広さを持った撹乱のない土地を選んで採取し、測定さ

“In addition to the Plutonium news, Tepco admitted that they detected Strontium-89 and 90.

These flew even further than Plutonium.

Strontium-89 was found even in the major locations of 79km area.

In Namie machi,they measured 22,000 Bq/m2.

Strontium-90 was found in 79km area too.

In Futaba machi,they measured 5,700 Bq/m2.” English translation and explanation by Fukushima Diary http://fukushima-diary.com/2011/09/breaking-news-strontium8990-in-79km-area-and-contamination-map/#.ToXExQOTHVA.facebook

J-Gov Plutonium 238, 239, 240 map
plutonium
Strontium 89, 90 map
strontium

graph

grph

3 Responses to “Plutonium, Strontium 89, Strontium 90 found off site at Fukushima.”

  1. Brian Says:

    Reading the e-mail posts, I find the radiation levels mentioned in Bq always shifting or making no sense. Some are just Bq. Others are Bq/hr, and now, Bq/m2. What is this? Minutes squared? I’m a blind person, so sometimes such variations in reporting are hard to clarify.

    • nuclearhistory Says:

      Brian, from wikipedia at http://en.wikipedia.org/wiki/Becquerel : One Bq is defined as the activity of a quantity of radioactive material in which one nucleus decays per second. SI uses the becquerel rather than the second for the unit of activity measure to avoid dangerous mistakes: a measurement in becquerels is proportional to activity, and thus a more dangerous source of radiation gives a higher reading. A measurement in seconds is inversely proportional. end quote.

      So the becquerel is a measurement of how many tracks (either alpha or beta particles or gamma photons) of radiation per second. It one was measuring a single lump of urnaiumium sitting on a desk, its fairly straight forward. Its just Bequerel. If one wanted to know the impact on human health, then dose rate is important. How long can one stay in a place ? Berquerel /hr is a rate of dose. (Experts could calculate the potential for absorbed dose if they knew the type of radiation – they could convert it to Gray, the measurement of absorbed dose.) The Bq/m2 is Becquerel per squared metre.

  2. A Pro-nuke person asks “Well, it’s pretty much establishe­d that there were no plutonium releases from the (fuk) reactors…. « Paul Langley's Nuclear History Blog Says:

    […] https://nuclearhistory.wordpress.com/2011/10/01/plutonium-strontium-89-strontium-90-found-off-site-at… […]

Comments are closed.


%d bloggers like this: