Fukushima Diary – Description of health effects

http://fukushima-diary.com/2011/12/the-most-important-blog-in-the-world/

A woman in Minamisoma shi Fukushima has been blogging about what is happening around her and herself since August.

She used to work for a high school but she quit it and now opening her private tutoring school because she couldn’t take telling lies.

She started her blog on 8/6/2011.

Because the content was too shocking most of the readers did not take her seriously.
However, reading the articles about the details of charity stuff and etc..Japanese readers are starting to think this is authentic.

From the post of 12/17/2011

昨日は、
さんざんでした。

Yesterday was terrible.

立っていても、座っていても 「 めまい 」 が します。

Feel dizzy whether I stand up or sit down.

今日も、同じですが ・・・

It’s the same today too.

ゆうべ、
お風呂で、シャンプーした 後、
手ぐしで、髪を ほぐしたら、

I touched my hair after shower last night.

髪が ・・・
「 束 に なって 」 抜けました。

A batch of my hair fell off.

しばらく、
呆然と 立ち尽くしてしまいました。

I was standing but I was at a loss.

長かった 髪は、 2週間 ほど 前に、
ばっさり 切りました。

I used to have long hair but had it cut short, 2 weeks ago.

少しでも、抜け毛を 減らしたくて ・・・

wanted to reduce hair to lose as much as possible.

外出する 時には、
ウイッグ ( 長髪の カツラ ) を 着けています。

Now I wear a wig when I go out.

「 前髪 」 も、
わずかしか、ありません。
「 生えぎわ 」 が、くっきりと 見えます。

I have least front hair now.
The hairline has become very clear.

あんなに 「 たくさんあった 髪 」 が、

たった 9ヶ月で、
こんなに、無くなってしまうとは ・・・

I used to have a lot of hair but lost so much for these 9 months.

そして、
風呂上がりに、

After having bath,

足に 違和感を 感じて、
「 爪」 を 見ると ・・・

felt something strange on my feet.

ほとんどの 足の 「 爪 」 が、
デコボコに 欠けていました。

Most of the nails of my feel got cracked.

爪切りで、切りそろえよう とした 瞬間、
自分の目を 疑いました。

I couldn’t trust my eyes when I tried to cut the nails.

両足の 「 人差し指 の 爪 」 が、
2つ とも ・・・

根元から、そっくり 外れかかって いて ・・・
触ったら、外れました。

The nails of the “point fingers” of feet were almost dropping off, they slipped off when I touched them.

いまは、
絆創膏 で、わずかに くっついている 爪を、
覆っています。

Now the left nails are covered by the Band-Aid.

今日、
歯科医院に 行きました。

Today, I went to a dental clinic.

去年まで、
あんなに 元気だった 受付の方が、
「 疲れ切った 表情 」 を していました。

The receptionist looked so energetic last year but she looked exhausted this time.

「 声 」 も、
やっと 出しているような感じで、
痛々しかった ・・・

She looked like it was so hard for her only to speak something.

「 子どもたち 」 にも、
元気が ありません。

Children look exhausted too.

以前のように、
はしゃがなく なりました。

They are not cheerful anymore.

日本政府は、
「 冷温停止 【 状態 】 」 と、発表しましたが、

JP Gov declared “cold shutdown ish situation”,but

そんな 「 言葉 」 は、ありません。

There is no such a definition.

「 冷温停止 」 か 「 否 」 か ・・・ なのです。

It’s only cold shut down or not. No “ish”.

文系の 狡猾な 【 詭弁 】 です。

Typical sophistry.

……………………………………………………

猶予されていた 「 住民税 」 ・ 「 車税 」 などが、
一気に 請求され始めました。

Inhabitant tax or the automobile tax have been respited, but they are starting to invoice them at once.

「 猶予 」 など、
初めから しなければ、
こんなに、【 多額の 税金 】 を
数ヶ月にわたって 支払う 「 必要 」 は、なかったのです。

通常通り、請求してくれていたら、
何の問題も ありませんでした。

すべてが、
「 後から、請求される 」 状態 に 陥っています。

生活だけでも、 やっとの 世帯 が、
月に 【 5 万円 以上 もの 税金 】 を、支払っていけますか ?

日本政府 の やり方は、
すべてが、メチャクチャ です。

そもそも、【 支払い 猶予 期間 】 と言っても、
結局、
いつかは、【 支払い義務 】 が、発生するのです。

それを、
「 雪だるま式 」 に 膨らませて、どーするんですか ?

They were respited, but one day ,we have to pay them all.
How could we pay the tax of more than 50000 JPY a month ?
We are trying to live to hard everyday.

南相馬市 民 は、
これから、いったい、どうすれば ・・・

I don’t know what we, Minamisoma citizens should do from now.

「 土地評価額 」 まで
果てしなく 【 ゼロ 】 に、近づいて ・・・

The value of our real estate is almost ZERO now.

わたくしたちの 将来設計 は、
一瞬で、
【 泡 】 と 化しました。

Our future got blown off immediately.

– End –

entry of 12/19/2011

わたくしは、
2年前まで、教育公務員 でした。

I was a teacher until 2 years ago.

いまは、
退職して、塾を やっています。

I quit it and now I’m running my own private school.

ですから、
「 公の 機関 」 が、どんなに 恐ろしいものか ・・・
身につまされています。

so I really know how cruel “public institution” is.

【 守秘義務 】 は、退職してからも 続きます。

I still have to follow the confidentiality obligation.

しかし、
法律に 触れない程度に、

これから、
さざまな 「 暗闇 」 を、
明かしていきたいと、思います。

However, as far as I don’t go illegally, I’m trying to confess the facts one after one.

ひとつだけ、言えることは、
「 公務 に 情 は、挟まない 」 と、いうことです。

One thing sure is, we are not allowed to ignore the rule for emotional reasons.

わたくしは、
それが、嫌で、高校を 退職しました。

That’s why I quit being a high school teacher.

「 人間 」 を、なんだと思っているのか ・・・

They don’t treat people as human.

呆れて、ものも言えません。

Totally speechless.

自分たち ( 公務員 ) の 「 私情 」 が、優先される場合が、多いのです。

Our “benefit” often has higher priority.

……………………………………………………………..

他県にも、
わたくしと 同じような 「 だるさ 」 を 訴える 方々が、います。

Even out of Fukushima, there are people suffering from fatigue.

症状 が、始まったのも、
同じ 【 11月 】 からです。

Some of them started having it since November, just like I did.

フクシマ だけが、危険なのでは 決して ありません。

It’s not only Fukushima to be endangered.

…………………………………………………………….

半径 300 ㎞ 圏内 は、
本当に、心配です。

I’m really concerned about the 300km area.

みなさま、
【 体調 の 変化 】 に、敏感になってください。

Please pay attention to your health condition.

特に、
【 11月 】 ごろから です。

Especially, the change after november.

– end –

The source blog:
http://blogs.yahoo.co.jp/kmasa924/28532025.html

2 Responses to “Fukushima Diary – Description of health effects”

  1. Reference lists for exposing radiation hormesis and quack radiation “science” « nuclear-news Says:

    […] https://nuclearhistory.wordpress.com/2011/12/20/fukushima-diary-description-of-health-effects/ […]

  2. Reference list on ‘radiation hormesis’ and ‘adaptive radiation’ « nuclear-news.info Says:

    […] https://nuclearhistory.wordpress.com/2011/12/20/fukushima-diary-description-of-health-effects/ […]

Comments are closed.


%d bloggers like this: