福島子供警官”寿命”放射線量

http://www.abc.net.au/news/2012-07-12/fukushima-children-exposed-to-radiation/4126628

福島子供警官 “寿命”放射線量

北アジア特派員マークWillacyによって

2012年7月12日夜2時42分02秒更新

日本の研究では、福島原子力発電所の近くに住んでいる子どもたちが甲状腺への放射線の “寿命”の投与を受けましたが見つかりました。

放射線医学総合研究所日本の研究所のチームは、1,000人以上福島の子供たちの内部の放射線被ばくを測定するために政府のデータを使用していました。

福島原子力発電所は2011年3月の地震と津波による不自由された後、放射線を放出。

より多くの子供たちの半分以上を発表し、政府がゼロ露出していたにもかかわらず、独立した研究では、平均して、彼らが内部被ばくの甲状腺線量を受け取ったことがわかった。

いくつかの子供は甲状腺と同等の寿命の線量を受けていると判断された。

しかし、政府は、それが不安を作成するための恐怖の両親を通知する予定はないと言います。

最初の2012年7月12日14時28分58秒掲示

引用を終了します。

end quote.

日本政府は信頼を要求するが、それは彼らを信用していないため、両親に真実を伝えることを拒否します。

maybe government too scared of parents to tell truth to them.


%d bloggers like this: